読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

knowthyself.

シンプルライフを中心にモノやコトの備忘録。

西村玲子さんの本。

f:id:ykpon1120:20160906165249j:plain

テラスモールで買った本のうち2冊は西村玲子さんの本。
後ろに写ってるお二人はジャーナルスタンダードrelumeのカタログ。
店員さんが入れてくれました、雑誌買わないけどカタログは嬉しい。
西村玲子さんの本はもう1冊悩んだのがあって、買えば良かった。
BOOK・OFFにあるかな?(なかったからAmazonかな?)


制服化を進めて服も少数精鋭で回していると雑誌や
ブロガーさんが出している本にときめかなくなりました。
参考にはなるんですけどね、わたしが目指すファッションとは違う気がして。
なので、もっぱら立ち読みしかしません。


わたしはアラサーなんで若々しくよりもこれから先も着れる
コーディネートが1つの目標だし女性らしさよりも自分らしさやおしゃれさを
優先しているタイプです。


そんなわたしが最近注目してるのが西村玲子さん。
図書館でお洒落の適齢期という本を借りたのがきっかけです。
西村さんが書かれている内容はライフスタイルやファッション関係のエッセイ
のような内容なんですが、どれも当て付けがましくないんです。
これはマストアイテム!とか、これにはあれを合わせるべき!とか
そういう謳い文句が一切ありません。
それに70代なのにワントーンコーディネートやワイドパンツやガウチョパンツを
使った今のコーディネートが載ってるのは流石だな、と思います。

お洒落にアンテナをはってないと今のシルエットや着こなし、わからないですよね。
西村さんの本でわたしがいいな、と思うところはこれから先何を着るかの
道標になってくれるという点。


正直、雑誌やコーディネート本は今の時点だけの話で未来にはほぼ着目していません。
それが当たり前なんだろうけど、お金を出して買うんだから今しか活用できない
本はわたしには必要だとは思えません。
今はネットもSNSも普及してるからわざわざ買わなくてもと思っちゃうんですよね。
そういう意味でも今のわたしに必要なのはこれから先もお洒落の参考にできる本。
それが西村玲子さんの本かな、と思います。

イラストのコーディネートも参考になるし。
お洒落は誰かの真似をしてもつまらない、自分なりのお洒落を楽しむ。
それがやがては自分のスタイルであり定番に繋がっていく。
それを教えてくれるような気がします。


偉そうに書いてますが、わたしも前は月に何冊も雑誌を買って数回読んだら
ほったらかし、もったいないと思いつつやめられませんでした。
でも、シンプルライフを目指すようになって服を断捨離してからは
雑誌を読んでもコーディネート本を読んでも何かが違う、みんな同じに見えてしまう。
これには正直驚きました、それと同時に人間変われるもんだなぁ~とも思いました。

シンプルライフも断捨離もミニマリストも以外なところで効果を発揮するというか
木の枝のように色んな事が繋がっていて、面白い発見もあって今後それらが
自分の生活にどう実るのかその先を見てみたいな。